善玉菌の種類

トイレ善玉菌と聞いてまず知らない人はいないでしょう。しかし、善玉菌という言葉を知っていても実際には便秘に効きそう、腸を活性化してくれそうなどのイメージしか分からずにヨーグルトやオリゴ糖などを摂取している人も多いのではないでしょうか?もちろんそのようなイメージも外れではありませんし、実際に善玉菌は腸内環境を良好にしてくれて、便秘解消などの特効薬としても有効な菌です。しかし、その善玉菌と一言で言っても善玉菌にも種類があり、その種類によって効果が異なりますので、今回はその善玉菌についてみなさんにご紹介させていただきます。

まず善玉菌の中でも有名な善玉菌はビフィズス菌です。ビフィズス菌は主に大腸の中で生息していて、乳酸や酢酸を成形し腸内環境のバランスを整える役目をしています。そして、腸を適度に刺激する役割もあり、その刺激によって腸内運動を促進する働きを持っています。

次にご紹介する善玉菌はフェーカリス菌と呼ばれる善玉菌です。このフェーカリス菌はビフィズス菌に比べると知名度も低い善玉菌です。主な役割としてはビフィズス菌などの増殖をサポートする善玉菌で、主には小腸の中に生息している善玉菌です。

最後にご紹介する善玉菌はアシドフィルス菌と呼ばれる善玉菌です。こちらも認知度は低い善玉菌ですが、善玉菌のなかでも特に乳酸を成形する能力に長けていて、悪玉菌の増殖を抑える働きを持っています。このように善玉菌の中にも数種類の善玉菌があり、それぞれに働きを持っていますので、これからは善玉菌の中でもなんの善玉菌が多いのかなどをチェックしてみて下さい。