善玉菌を増やすオリゴ糖

オリゴ糖
画像引用 〔私の便秘は解消しました。~この感動をあなたにも~

どんな人間でも腸内で常日頃から善玉菌と悪玉菌が戦っています。その名前の通り、腸内環境を常に良好に保ち、便秘などにならないようにするためには悪玉菌より善玉菌を多く保っていかなければいけません。もちろん遺伝や今までの食生活などの関係性もあり、生まれながら善玉菌が多い人もいます。しかし、善玉菌は意識的にある食品を摂取することで増やすこともできます。

その食品がオリゴ糖です。このオリゴ糖の特徴としては、通常の食べ物は胃や小腸で消化されてしまいますが、オリゴ糖は消化されません。消化されないことでこのオリゴ糖が直接腸まで届くのです。しかし、ただ腸までオリゴ糖が届いたからと言って、なぜ善玉菌を増やすことに繋がるのかと言うと、このオリゴ糖の成分は善玉菌を増殖させる働きを持ち、腸まで届くということはこの善玉菌のえさとなり、増殖することが可能となるのです。もちろん悪玉菌のえさにはなりません。

従ってこのオリゴ糖が腸まで直接届くことで、善玉菌のエサとなり増殖し、善玉菌が少ない人でも善玉菌を増やすことができ、悪玉菌に対抗することができるのです。今まで便秘などでお悩みの方はぜひこのオリゴ糖を摂取し、善玉菌を増やし、今までの悩みから解消できるように意識的に摂取してみて下さい。

悪玉菌について

腸内環境が悪いと便秘などを引き起こし、長い人では数週間もの長い期間、便が出ずに苦しんでいる人も多いです。そんな腸内環境を語る上で欠かせないのが、善玉菌と悪玉菌の関係性です。一般的な考え方として、善玉菌は腸内環境を良くする成分で、悪玉菌は逆に腸内環境を悪くする成分です。今回はこの中でも悪玉菌についてみなさんにご紹介させていただきます。

虫眼鏡悪玉菌と一言でくくっていますが、悪玉菌には種類がいくつかあり、代表的な悪玉菌はウェルシュ菌と呼ばれる悪玉菌です。このウェルシュ菌はどうして悪玉菌なのかと言うと、腸内の中でタンパク質などを腐らせてしまう役割があり、結果、有害物質を腸内で作り上げてしまいます。そして、その有害物質が原因となり、腸内環境が悪くなり便秘になってしまったり、最悪の場合は発がん性物質のきっかけとなってしまったりすると悪玉菌となりますので、その悪玉菌を増やさないように対抗する善玉菌の量が少ないと非常に怖い結末となってしまいます。

そして、ウェルシュ菌以外にも悪玉菌には病原性大腸菌と呼ばれる悪玉菌や黄色ブドウ球菌などと呼ばれる悪玉菌も多数存在しており、そのような悪玉菌はウェルシュ菌と同様に腐敗物質の成形のもととなったり、腸内環境を老化させたりする原因となりますので、いかに悪玉菌を増殖させないかという対策が私達人間には必要になってくるのです。

善玉菌の種類

トイレ善玉菌と聞いてまず知らない人はいないでしょう。しかし、善玉菌という言葉を知っていても実際には便秘に効きそう、腸を活性化してくれそうなどのイメージしか分からずにヨーグルトやオリゴ糖などを摂取している人も多いのではないでしょうか?もちろんそのようなイメージも外れではありませんし、実際に善玉菌は腸内環境を良好にしてくれて、便秘解消などの特効薬としても有効な菌です。しかし、その善玉菌と一言で言っても善玉菌にも種類があり、その種類によって効果が異なりますので、今回はその善玉菌についてみなさんにご紹介させていただきます。

まず善玉菌の中でも有名な善玉菌はビフィズス菌です。ビフィズス菌は主に大腸の中で生息していて、乳酸や酢酸を成形し腸内環境のバランスを整える役目をしています。そして、腸を適度に刺激する役割もあり、その刺激によって腸内運動を促進する働きを持っています。

次にご紹介する善玉菌はフェーカリス菌と呼ばれる善玉菌です。このフェーカリス菌はビフィズス菌に比べると知名度も低い善玉菌です。主な役割としてはビフィズス菌などの増殖をサポートする善玉菌で、主には小腸の中に生息している善玉菌です。

最後にご紹介する善玉菌はアシドフィルス菌と呼ばれる善玉菌です。こちらも認知度は低い善玉菌ですが、善玉菌のなかでも特に乳酸を成形する能力に長けていて、悪玉菌の増殖を抑える働きを持っています。このように善玉菌の中にも数種類の善玉菌があり、それぞれに働きを持っていますので、これからは善玉菌の中でもなんの善玉菌が多いのかなどをチェックしてみて下さい。